踊り子STORY3 ローラ・リチャードさん~自分の限界に挑戦!~

みなさんこんにちは!

本日は、カナダから参加の踊り子ローラ・リチャードさんのエピソードをお届けします。

ローラさんが2018年初めて高知よさこいに参加し、2019年も絆国際チームに参加してくれたきっかけや気持ちを語ってくれました。是非みなさん読んでください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさんこんにちは、カナダのローラです。
3年前によさこいを始めた私は、2018年桜舞ポーランド国際チーム
(絆国際チームの前身)で高知のよさこい祭りに参加しました。

 

その年のよさこい祭りは、心身共にそれまで経験したことのないハードなものでした。しかし、笑顔で応援してくださる観客のみなさんを前に踊る感動が忘れられず、2019年も絆国際チームの一員として踊ることになりました。
そして、この決断をした自分を嬉しく思っています。

2019年、絆国際チームのメンバーとなり、世界中の素晴しい仲間と出会うことが出来ました。
高知のよさこい祭りの前にはいの町で合宿を行いました。踊り、笑い、寝食を共にした3日間は、チームに素晴しい「絆」をもたらしてくれました。

いの町の皆様、小学生達と英語での交流会を行ったのも素晴しい体験となりました。

ひとたび祭りが始まれば、私は2018年と同じく自分の限界に挑戦することになりました。
本番、全国大会の3日間を、日本の猛暑の中踊り続けるのは簡単ではありません。


しかし、踊り子達は常に笑顔で、すべての舞台で最高の演舞をしようと頑張りました。
最終的には高知の様々な場所で、42回以上も踊ることができました。

たとえ足に水ぶくれができたとしても、この美しい高知でまたよさこいを踊れることに、こんなに素晴しい仲間達と踊れることに、私は本当に感動していました。

また2020年にこの素晴しい体験をできることが、今から待ちきれません!!

ローラ

(最後の写真はカナダから一緒に参加した仲間たちと一緒に撮ったものです。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■クラウドファンディングキャンペーンのご支援はこちらから!
https://yosafund.com/product/kizuna/

■踊り子募集もしております
高知、原宿共に定員がありますので申し込みはお早めに!

【高知】定員80名 https://bit.ly/35y9TvG
日本から参加の日本人踊り子:受付終了しました

海外から参加の日本人踊り子、外国人踊り子:残り10名ほど

【原宿】定員60名 http://bit.ly/kizuna2020harajuku

日本から参加の日本人踊り子:残り5名ほど
海外から参加の日本人踊り子、外国人踊り子:残り20名ほど

※本記事作成時の数字です。
お申し込み時には変動している可能性がありますのでご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ローラからのメッセージ 原文>
Hello! My name is Laura and I live in Winnipeg, Canada.

I started Yosakoi roughly 3 years ago and had the opportunity to participate in the 2018 Kochi Yosakoi festival with the Sakuramai Poland International Team. Dancing in the Kochi Yosakoi festival that year was the hardest thing I have ever done, both physically and emotionally. Yet the thrill of dancing in front of so many smiling people and feeding off of the energy of the International team called me back, and I found myself signing up to be a part of the Kizuna International Team in 2019. I’m so happy I did.

Being a part of the 2019 Kizuna International Team introduced me to so many wonderful people from all around the world. Before the Kochi festival, we trained together at a local sports camp in Ino Town. Dancing, laughing, sleeping, and eating with everyone for those 3 days in training camp added such an amazing level of friendship to the team. It was also extremely fun meeting the people of Ino Town and doing a language exchange with the local elementary students.

When the festival started, I was once again testing my limits physically and emotionally. Dancing for 3 straight days in the high Japanese heat is no small feat. Yet everyone on the team was full of smiles and pushing to do our best throughout all of our performances. In the end we danced our routine over 42 times at many different venues around Kochi City.

And even though I ended up with many blisters on my feet, I was so happy to be there again, in the beautiful city of Kochi, celebrating this amazing Yosakoi dance style, surrounded by such wonderful people.

I honestly can’t wait to do it all again in 2020!

– Laura

Write a comment

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese